Amazon Graphics > [アマゾン背景素材]横長180×150

 


New Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背景素材(アマゾン・180×150・シンプル・重ね)

この素材は、アマゾンアソシエイト広告の
180×150サイズにあわせて作った背景素材です。

背景は問いません
(png画像、透過)

とってもシンプルなアマゾン背景素材です。
(アマゾン広告以外にも使えます)
バナーの下(背景)とかでもOK!

以前、配布した画像に今回のによく似た
影付き背景画像(2枚重ね風)』が
ありましたが、今回の背景素材は『角丸』『影無し』です。

ちなみに『アマゾン広告の背景色』の設定は
#e9f5f5 #cccccc
#edffed #ffdfbd
#ffffcc
(下の画像並び順)

サンプル


こちらの画像を保存してください
背景素材(アマゾン・180×150・シンプル・重ね)の続き
スポンサーサイト

背景画像(アマゾン・ポラロイド風・180×150)

アマゾン広告180×150に、あわせた背景画像です。

背景『白』のみ
アマゾン広告の設定は枠無しで、
背景色を白であわせてください。

ポラロイド写真を貼り付けた感じに作りましたが
普通にアマゾン広告を張るよりも、
もっとポラロイド風に見せるには、広告画像のみを
使う方法が一番よいかと思います。

例えば
Ama-Z』さんで画像だけの広告を作ります。
その画像のコードに少し手を加え、リサイズして張り付けると
いい感じになるかと。

タグの中に『_SCLZZZZZZZ_.jpg』などの画像コードがあります。
このコードの前に、『_AA80_SCLZZZZZZZ_.jpg』と
付け加えると80×80の画像の出来上がり!
応用してつかってみては?

配布画像は、『文字入り』と『文字無し』の2種類です。
好きなように文字入れしてみてください。

サンプル(普通の広告でのサンプル)



こちらの画像を保存してください

ロゴ付き背景画像

この背景素材は、ロゴ(Sponsored Links)付きです

4色作りました。背景色は問いません。
アマゾン広告の背景色は『白』用です。

デザインはシンプルで使いやすいと思います、サイドバーにでも♪
しかし、難点が!?

サイドバーには少しデカイ!
横幅は219pxあります。(やっぱつかえねぇぇ?)

2カラムのサイドバーが大きいのならイケマス。(ガンバッ)

サンプル



コチラの画像を保存してください

背景画像(黒光風?)

黒背景素材(黒光風?)です。

影無し&影付き

影無しは、ページ背景指定無しです
影付きは、背景『白』のみ使えます。

なんでもない画像ですが、使うと以外とシンプルで
カッコイイと思います(…私的にですが)

ぜひ使ってくださいましっ!

※コメント&リンク(Amazon Graphics)して頂くと元気出てきます。
 また、相互リンク募集中です(元気玉)

サンプル

  


コチラの画像を保存してください

背景画像(ヒョウ柄風)

何となく作ってみたが…どうでしょう?
ヒョウ柄風の背景素材です。

背景『白』用です。

この背景画像の素材は、アマゾン広告の位置を
上下出来るようにしてあります。
背景中央の白部分は、画像サイズを極力おさえるため
に白で塗ってあります。

ちょっと、目立たせたい時にでも使って下さい(汗)
(いっぱい置くと超クドイんですけど?)

サンプル画像では、広告を下の影ギリギリに配置してあります。

サンプル



コチラの画像を保存してください


次のページ


TagList

シンプル アマゾン ボタン アイコン 影付き 角丸 クール バナー ストライプ リストマーク ランキング ヘッダー 矢印  タイトルバー 700×180 丸型 468×60 120×240 180×150 Vista パステル バッチ 王冠 160×600 アドセンス 背景 120×60 光沢 234×60 88×31 120×600 WEB2.0風 ヒョウ柄 ロゴ FC2 コルクボード 動く 動画サイト おまけ フォルダ バナー作成 ロゴ作成 180×160 ポラロイド 花柄 1000×180 画像加工 文字入れ ふせん 反射文字 1000×300 数字 ジェネレーター カウンター ステンドグラス 

GIMP始めの一歩

Categories

 広告

Links

Comments

Monthly

Rss Feed


Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

copyright©


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。